Lesca/レスカ

1950 年代、ファッション業界は大きな転換期を迎えます。アイウェアのデザインにおいても大きな変革期にあたり、各クリエイター達は女性の顔に適したフレーム制作を行うようになりますが、特に"バタフライモデル"はハリウッドの女優たちによって賞賛され、眼鏡はファッションアイテムの一つとして広く認知されていく事となります。

そんな中1964年に設立されたLescaは、フレンチブランドとしてのエスプリを最大に尊重し、今もなお愛される存在となっています。

​Lescaはデッドストックのヴィンテージフレームとその流れをくむ現行モデル、両方をリリースしています。

ヴィンテージモデルは60年代から70年代に生産され未完成品として保管されていたもの。印字がなかったりするのもそのためです。しかし、フレンチヴィンテージならではの雰囲気はやはり独特。クラウンパントやラウンドパントといったフレンチヴィンテージの定番の形も作られた時期により、生地の厚みや微妙なライン、テンプルのデザインが異なりその作りは様々。今でもなお作られている現行モデルの当時のヴィンテージ品もあり、デザインの変遷が見えるのもとても面白いです。手に取って頂いたときにその魅力が伝わると思います。デッドストックのためヴィンテージにも関わらず状態がよいのも魅力的です。

そして現行のコレクションはブランド設立当時から続くLescaのアイデンティの詰まったデザイン。特に著名な建築家でデザイナーのル・コルビジェがデザインし愛用していたモデル「La Corb's」は現行のコレクションを代表する存在です。

Partsではヴィンテージと現行モデルのどちらのコレクションも取り扱っております。

Lescaの入荷状況などブログにていち早くご紹介しております。

La Corb's​

VINTAGE(1960年代~70年代製)

VINTAGE(1964年製)

VINTAGE(1960年代~70年代製)

​Lescaの工房の様子

Parts

〒542-0081  大阪府大阪市南船場4丁目7-11南船場心斎橋ビル1F

TEL:06-6484-5323

​OPEN 11:00〜20:00 無休(年末年始を除く