shady_character.jpg

SHADY CHARACTER / シェイディーキャラクター

SHADY CHARACTER(シェイディーキャラクター)は元々、70年代のマンハッタンで Linda.Rae Tepper (リンダ・R・テッパー) と Steve.M.Abrams (スティーブ・M・エイブラムス) が ヴィンテージショップ "The Ruby Slippers" をスタートさせたことから始まります。

デッドストックで取扱っていた"TART OPTICAL社"の代表モデルの "ARNEL" や "F.D.R" に 魅了された彼らは実際に "TART OPTICAL社" の金型を用いて眼鏡を生産するようになります。そのため  "Shady Character" の名を冠したこのブランドには "TART OPTICAL社" の フレームからインスパイヤーされているモデルが数多く存在します。

特にジェームズディーンが実際に着用していたダブルダイヤリベットを復刻させ、「James Dean EYEWEAR COLLECTION」の名前で1979年にリリースされたTART OPTICALのARNELと同じ型のモデルは人気を博すものの、版権などの関係で短期間のみのリリースとなってしまい、TART OPTICALより後期のアイテムにも関わらず現在ではかなりレアなヴィンテージフレームとして位置付けられています。

 

今回アドバイザーとして創業者のリンダ・R・テッパーとスティーブ・M・エイブラムスが関わっており、当時の雰囲気を忠実に再現しています。

go to SHADY CHARACTER's blog