buddy_logo.png

Buddy Optical / バディーオプティカル

眼鏡を生業とする人々が共通して願う事、それは眼鏡を着用する人口の増加です。

その為には眼鏡がもっと身近な存在になる事が必要です。

眼鏡が、「気心の知れた仲間や、相棒の様な存在」である事、そしてライフスタイルの中に自然とある「ワードローブ」の様な存在である事。これらの条件を満たす眼鏡を目指し、「Buddy Optical」はスタートしました。

〈Buddy〉とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。

また眼鏡をかけて人前に出る事が美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を一気に変えさせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。

その姿勢が受け入れられ、Buddy Opticalは人気セレクトショップなど名だたる店舗に取り扱われるようになります。

デザイン性の高さはもちろん、メイドインジャパンのクオリティも見逃せません。